配光(読み)はいこう(英語表記)luminous intensity distribution

世界大百科事典 第2版の解説

はいこう【配光 luminous intensity distribution】

配光は光源の空間に対する光度分布,すなわち光源から出る光の空間的分布である。配光の分布状態を示すものを配光曲線という。1のように光源を原点Oとして空間に球極座標系を設定する。原点Oを光中心,光中心を通る鉛直軸LONを灯軸という。光源の直下鉛直角θ=0゜とし,直上をθ=180゜にとる。光中心を通る水平面上,灯軸を含む一つの基準鉛直面よりほかの鉛直面のなす角を水平角φという。この鉛直面上の配光を鉛直配光,水平面上の配光を水平配光という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報