間接照明(読み)カンセツショウメイ

百科事典マイペディアの解説

間接照明【かんせつしょうめい】

光源の光を天井や壁に当て,反射光によって間接的に照明する方式。影ができず柔らかな拡散光が得られるが,効率が悪く多量の光量を要する。このため半透明の反射ざらを使って,光の一部を直接光とする半間接照明も行われる。→光天井(ひかりてんじょう)
→関連項目照明

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かんせつしょうめい【間接照明】

光源から直接到達する光の量を10パーセント以下にし、光を反射拡散面などに当て、反射光線だけを利用する照明方式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんせつ‐しょうめい ‥セウメイ【間接照明】

〘名〙 光源から出る光を、壁や天井などに反射させて、その反射光を利用する照明法。やわらかな光線となり、室内照明などに用いられる。
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉享楽の東京「ドイツ式の天井の間接照明(カンセツセウメイ)が如何にも落著いてゐ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の間接照明の言及

【照明】より

…とくに店舗では,商品を目だたせて購買意欲をそそり,インテリアとの調和を考えて,ベース照明,重点照明,装飾照明などと呼称する。 配光別では,間接照明(下向きの光が10%以下),半間接照明(10~40%),全般拡散照明(40~60%),半直接照明(60~90%)および直接照明(90%以上)の5種に分類されるが,後3者がよく用いられる。 建築と一体化した建築化照明は,長時間作業したり,雰囲気を重視する部屋に用いられ,天井全面に金属またはプラスチックのルーバーを張ったルーバー天井,乳白または透明プリズム模様のアクリルカバーを全面に張った光天井,天井取付設備機器(照明器具,スピーカー,火災感知器,スプリンクラーヘッド,空調吹出口,吸込口など)をモデュール単位で一体化したシステム天井があり,これらはいずれも直接照明である。…

※「間接照明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間接照明の関連情報