コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井家次 さかい いえつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井家次 さかい-いえつぐ

1564-1618 江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)7年生まれ。酒井忠次の長男。天正(てんしょう)16年家督をつぎ,三河(愛知県)吉田城主。下総(しもうさ)臼井(うすい)城(千葉県)城主をへて,慶長9年上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩主(5万石)。のち大坂の陣の功によって加増され,元和(げんな)2年越後(えちご)(新潟県)高田藩主酒井家初代(10万石)となった。元和4年3月15日死去。55歳。三河出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

酒井家次

没年:元和4.3.15(1618.4.10)
生年:永禄7(1564)
安土桃山・江戸前期の大名。酒井忠次の子として三河に生まれる。母は松平清康の娘碓井姫。通称は小五郎。幼時から徳川家康に仕え,天正3(1575)年の長篠の戦に従軍している。同16年,父忠次の譲りをうけて三河吉田城主となり,翌年,従五位下・宮内大輔に叙任された。翌18年,家康の関東移封にともない,下総碓井城3万石となった。関ケ原の戦では秀忠に従って中山道をのぼったため,これといった手柄がなく,のち慶長9(1604)年,上野高崎に転封して5万石,さらに元和2(1616)年,大坂の陣の論功行賞で越後高田に転封して10万石となった。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかいいえつぐ【酒井家次】

1564‐1618(永禄7‐元和4)
織豊期に徳川家康に仕えた武将。江戸期には譜代大名。通称は小五郎。父は忠次。母は松平清康の女碓井姫。家康の従弟にあたる。幼時より家康に仕え,1575年(天正3)長篠の戦に功があり,88年父の跡を継ぎ吉田城城主。翌年宮内大輔従五位下に叙任。90年家康の関東入国のとき下総国碓井城城主,3万石を領する。1604年(慶長9)上野国高崎に転封して5万石,16年(元和2)越後国高田城に移り,すべてで10万石余を領した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

酒井家次の関連キーワード酒井忠勝(2)関ヶ原の戦い里見義高北爪九蔵設楽貞代森川重俊臼井城小弓城臼井藩没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android