コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井忠邦 さかい ただくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠邦 さかい-ただくに

1854-1879 幕末-明治時代の大名。
嘉永(かえい)7年1月15日生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)伊勢崎藩主酒井忠恒(ただつね)の8男。宗家の酒井忠惇(ただとし)の養子となり,慶応4年播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主酒井家10代。明治元年11月他藩にさきがけ版籍奉還建白。廃藩後,4年慶応義塾にはいり,4年間アメリカに留学した。明治12年3月25日死去。26歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

酒井忠邦の関連キーワード酒井忠興河合屏山姫路城跡

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android