コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井順子 さかい じゅんこ

1件 の用語解説(酒井順子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井順子 さかい-じゅんこ

1966- 平成時代のエッセイスト,コラムニスト。
昭和41年9月15日生まれ。高校時代からエッセイ,コラムをかく。立大卒業後,博報堂につとめたが,平成4年から執筆に専念。30代以上・未婚・子ナシ女性を〈負け犬〉と呼んだ「負け犬の遠吠え」がベストセラーとなる。同著で16年婦人公論文芸賞,講談社エッセイ賞。東京出身。著作はほかに「少子」「枕草紙REMIX」「箸の上げ下ろし」「駆け込み、セーフ?」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

酒井順子の関連キーワードエッセイストエッセイ記念日モイストボディモイスト バスエッセンス伊藤礼太田愛人下重暁子堀淳一青柳いづみこ山川静夫内田洋子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酒井順子の関連情報