コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒人刀自古 さかひとの とじこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒人刀自古 さかひとの-とじこ

?-? 奈良時代の女官。
天応元年(781)外従五位下となる。官符によれば,延暦(えんりゃく)9年以前に死去。山城(京都府)久世(くせ)播磨(はりま)(兵庫県)揖保(いぼ)郡に2町ずつ位田をもっていたという。光仁天皇の皇女酒人内親王の乳母ともいわれる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

酒人刀自古の関連キーワード奈良時代女官

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android