コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸漿貝 ホオズキガイ

2件 の用語解説(酸漿貝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほおずき‐がい〔ほほづきがひ〕【酸漿貝】

腕足綱のうち、シャミセンガイ類を除く触手動物の総称。すべて海産。大きさは3~5センチ。外見は二枚貝に似るが、石灰質の殻は背腹にあり、膨らんだ卵形または長卵形で、殻の外に短い肉柄を出して岩などに固着する。化石としては古生代から知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほおずきがい【酸漿貝】

腕足綱有関節亜綱に属する触手動物の総称。すべて海産。体は二枚の殻に包まれ、二枚貝のように見える。殻径1~5センチメートル。殻は赤・黄または白。蝶番ちようつがいにある穴から柄を出して岩などに付着する姿からこの名がある。古生代カンブリア紀に出現した古い動物で、世界に約250種がいる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone