醒ケ井(さめがい)

精選版 日本国語大辞典の解説

さめがい さめがゐ【醒ケ井】

[一]
① 滋賀県米原市の地名霊仙山の北麓にあり、中山道の柏原番場の間にあった宿駅。現在、JR駅名は「醒ケ井」だが、地名表記は「醒井」。
※仮名草子・竹斎(1621‐23)下「旅寝の夢はさめがひの、雨か木の葉か柏原、暫しは爰にみますの宿」
② 京都の通りの一つ。今の下京区堀川通。
[二] 茶の湯に使う名水の一つ。京都市下京区醒ケ井にあり、茶道の開祖珠光が愛用した日本最古の茶の湯の水といわれている。珠光がこの水で茶を点(た)てて、足利八代将軍義政にすすめ、賞賛されたという。紹鴎も利休も愛用したが、その後すたれていたのを、元和二年(一六一六)に織田有楽斎が再興。佐女牛井。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android