コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊仙山 りょうぜんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霊仙山
りょうぜんざん

滋賀県と三重県のにある鈴鹿山脈最北端の山。滋賀県多賀町米原市の境にあり,頂上は多賀町に属する。標高 1084m。全山石灰岩からなり,山頂はゆるやかな起伏の平坦面で,クマザサススキの草原をなし,カルスト地形がみられる。山麓には「河内風穴」がある。役行者 (→役小角 ) 開創の霊仙寺跡があり,眺望も優れ,琵琶湖国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霊仙山
りょうぜんざん

滋賀県中東部、犬上(いぬかみ)郡多賀町と米原(まいばら)市の境にある山。東海道本線醒ヶ井(さめがい)駅の南方約4キロメートルの位置にある。「りょうぜんやま」ともいい、霊山と書くのが正しいともいう。鈴鹿(すずか)山脈北端にあり、標高は1094メートル。石灰岩からなるなだらかな高原状の山で、カルスト地形が多くみられる。山頂付近の御池(おいけ)はドリーネ跡と推定され、また山麓(さんろく)の芹(せり)川の谷には「河内(かわち)の風穴」とよばれる鍾乳(しょうにゅう)洞がある。北面と南面に五つの登山コースがあるが、醒井(さめがい)養鱒(ようそん)場を経て登る醒井コースが表登山道で利用者がもっとも多い。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

霊仙山の関連キーワード滋賀県犬上郡多賀町不知哉川彦根市米原醒井

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霊仙山の関連情報