コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醒井 さめがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

醒井
さめがい

滋賀県北東部,米原市南部にある旧村域。かつて中山道宿駅で,地名日本武尊の「居醒の清泉」の伝説に由来。付近で石灰石を産する。仏壇木彫の特産地としても知られる。南の丹生川支流の宗谷川は国の名勝,醒井峡谷で知られ,養鱒場がある。琵琶湖国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

醒井【さめがい】

滋賀県坂田郡米原(まいはら)町(現・米原市)東部,霊仙(りょうぜん)山北麓の地。丹生川上流に県立養鱒(ようそん)場があり,渓谷は紅葉の名所。鎌倉期より居醒(いさめ)清水で知られ,《十六夜日記》などにみえ,また関所が置かれた。
→関連項目米原[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さめがい【醒井】

近江国(滋賀県)坂田郡南部の宿駅。古くより清水で有名で,日本武尊が伊吹山熱病にかかった際,この清水で体を冷やしたという伝説がある。東山道・中山道の街道ぞいに位置し,宿駅として繁栄した。中世,《東関紀行》や《十六夜日記》の著者も足を止め,清水について書きとめている。江戸時代の1843年(天保14)当時,宿場の町並み8町2間,人口539人,家数138軒,本陣・脇本陣各1軒,旅籠11軒が存在していた(〈宿村大概帳〉)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

醒井
さめがい

滋賀県北東部、米原(まいばら)市の一地区。旧醒井村。天野川と丹生(にゅう)川合流点にあり、北からJR東海道本線、国道21号(中山道(なかせんどう))、名神高速道路がほぼ並行して東西に通じる交通の要地で、近世には中山道の宿場町として栄えた。加茂神社の湧水(ゆうすい)は居醒(いさめ)の清水として知られる。丹生川上流には1878年(明治11)に設立された県立醒井養鱒(ようそん)場がある。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

醒井の関連キーワード滋賀県米原市上丹生滋賀県米原市醒井醒井木彫美術館滋賀県米原市湖東三名水米原[町]米原(市)近江国霊仙山出雲狛番場名水透波

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

醒井の関連情報