采地(読み)さいち

精選版 日本国語大辞典 「采地」の意味・読み・例文・類語

さい‐ち【采地】

〘名〙 領地知行所采邑(さいゆう)食邑
仮名草子智恵鑑(1660)七「錐を立る斗の采地を領せられ」 〔韓詩外伝‐八〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「采地」の意味・読み・例文・類語

さい‐ち【采地】

領地。知行所。采邑さいゆう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「采地」の読み・字形・画数・意味

【采地】さいち

大夫の食邑として与えられる所。〔韓詩外伝、八〕天子侯の爲に封を受(さづ)く。之れを地と謂ふ。百里侯は三十里を以てす。

字通「采」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android