采地(読み)さいち

普及版 字通「采地」の解説

【采地】さいち

大夫の食邑として与えられる所。〔韓詩外伝、八〕天子の爲にを受(さづ)く。之れを地と謂ふ。百里の侯は三十里を以てす。

字通「采」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android