コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈迦の本地 しゃかのほんじ

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかのほんじ【釈迦の本地】

説経節の曲名。天満(てんま)八太夫正本で,宝永(1704‐11)ころの刊行。釈迦如来一代記で6段構成。檀特山(だんとくせん)の座禅石の上で得道し仏体となるところを中心に,父大王や妻のやしゆたら(耶輸陀羅)女との別れ,忉利天(とうりてん)における母・麻耶夫人(まやぶにん)との再会,だいばだった(提婆達多)の迫害などを織り込み,十大弟子を得た釈迦が,沙羅林の木の下で涅槃(ねはん)を迎えるまでの生涯を物語風にまとめている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の釈迦の本地の言及

【釈迦】より

… こうした傾向は中世になるとさらに進み,室町末期の《法華経直談鈔(じきだんしよう)》では,仏の出家した姿が,濃い墨染めの身にやつした日本の隠遁僧さながらに描かれた。また,御伽草子の《釈迦の本地》(釈迦出世本懐伝記)は《今昔》に次ぐまとまった仏伝文学であるが,太子時代の釈迦が東・西・南・北の四門で老者・病者・死者・出家者と出会い,それが出家の機縁となる四門出遊の場面は,御伽草子特有の四方と四季を重ねた日本的な風景・景物の描写でつづられる。さらに《塵添壒囊鈔(じんてんあいのうしよう)》では,実母摩耶夫人の死を知らされていなかった太子が,たまたまその墓に詣でて事情を知り,それがもとで出家してしまう話となる。…

※「釈迦の本地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

釈迦の本地の関連キーワード天馬説経節

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android