コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檀特山 ダンドクセン

大辞林 第三版の解説

だんどくせん【檀特山】

インド半島北部のガンダーラにあり、昔、釈迦の前身、須大拏しゆたぬ太子が菩薩の行を修したとされる山。弾多落迦だんだらか山ともいう。日本では古くから悉達しつた太子が苦行した山とされてきた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

檀特山の関連キーワード一谷嫩軍記釈迦の本地陳臭い釈迦菩薩施す

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android