提婆達多(読み)だいばだった(英語表記)Devadatta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

提婆達多
だいばだった
Devadatta

前4世紀頃のインド人。提婆ともいう。仏伝によると,釈尊(→釈迦)のいとこ。釈尊の青年時代にヤショーダラー姫(→耶輸陀羅)を妻として迎えるために,釈尊と争って敗れる。のち釈尊が悟りを得てとなったとき,釈尊の力をねたんで,阿闍世王(→アジャータシャトル)と結託して釈尊を亡き者にしようとたくらむ。その罪のゆえに生きながら地獄に堕ちたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいばだった【提婆達多】

《〈梵〉Devadattaの音写》釈迦の従兄。釈迦の弟子となったが、のちに背き、阿闍世(あじゃせ)王をそそのかして師を殺害しようとして失敗。天授
《「デーバダッタ」と読む》中勘助の小説。大正10年(1921)、那珂の筆名で刊行。を主人公に、嫉妬に狂う愚かな人間の悲哀を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいばだった【提婆達多】

釈迦のいとこ。釈迦の太子時代の競争者で、釈迦が悟りを開いてからその弟子となったが、のちに離反。釈迦の殺害を企てたともいう。天授。

でいばだった【提婆達多】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

提婆達多
だいばだった

生没年不詳。ゴータマ・ブッダ(釈迦(しゃか))と同時代の仏教の異端者。原名デーバダッタDevadattaの音写語で、略して提婆(だいば)といい、また調達(じょうだつ)あるいは天授(てんじゅ)と訳す。ブッダの従兄弟(いとこ)または義兄弟といわれ、出家してブッダの弟子となったが、のちブッダに反逆し、仏教教団の分裂を図った。マガダ国のアジャータシャトル(阿闍世(あじゃせ))王子を唆し、父王を殺させて王位につかせ、自らはブッダを殺害しようとしたが失敗し、やがて悶死(もんし)したという。厳格な生活法を主張したらしく、提婆達多の教えに従う徒衆が後代にも存続したと伝える。[藤田宏達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

だいばだった【提婆達多】

(Devadatta の音訳。略して「提婆」、意訳して「天授」とも) 仏教の開祖釈迦のいとこ。出家前の釈迦の競争相手で、釈迦が出家し悟りを開いて以後、その弟子となったが、のち離反し、阿闍世王と結んで仏教教団に対抗したという。仏典では生きながら地獄におちた極悪人とされるが、仏教から分立した禁欲主義的な宗教運動の組織者としての一面をもつ。調達(じょうだつ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の提婆達多の言及

【釈迦】より

… 釈迦の教勢が盛んになるにつれ,法敵も増えた。彼の従弟とされ,のちに彼に離反するデーバダッタDevadatta(提婆達多)からは狂象をけしかけられ,祇園精舎ではバラモンたちから女性と密通しているとの虚偽の告発がなされた。実際,釈迦の教えはバラモン教の階級制度や祭式至上主義を脅かすものであった。…

※「提婆達多」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

提婆達多の関連情報