コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈迦ケ岳雲右衛門 しゃかがたけ くもえもん

1件 の用語解説(釈迦ケ岳雲右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

釈迦ケ岳雲右衛門 しゃかがたけ-くもえもん

1749-1775 江戸時代中期の力士。
寛延2年生まれ。出雲(いずも)松江藩主の抱え力士で,大鳥井雲右衛門の名で京坂で大関をつとめる。明和7年(1770)江戸にでて,釈迦ケ岳とあらため大関をつとめる。身長約227cm,体重約180kgの巨体で知られた。安永4年2月14日死去。27歳。出雲(島根県)出身。姓は天野。名は久富。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

釈迦ケ岳雲右衛門の関連キーワード久米丸山権太左衛門綾川五郎次(1)鏡山沖之右衛門桐淵貞賀国佐(3代)白山新三郎滝信彦谷風梶之助(初代)八角楯右衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone