コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈迦ケ岳雲右衛門 しゃかがたけ くもえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

釈迦ケ岳雲右衛門 しゃかがたけ-くもえもん

1749-1775 江戸時代中期の力士。
寛延2年生まれ。出雲(いずも)松江藩主の抱え力士で,大鳥井雲右衛門の名で京坂で大関をつとめる。明和7年(1770)江戸にでて,釈迦ケ岳とあらため大関をつとめる。身長約227cm,体重約180kgの巨体で知られた。安永4年2月14日死去。27歳。出雲(島根県)出身。姓は天野。名は久富。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

釈迦ケ岳雲右衛門の関連キーワードゲーテ丸山権太左衛門ゲーテ信達騒動怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)信達一揆吉田藩(三河国)レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)大田南畝ゲーテ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android