釈迦ケ岳雲右衛門(読み)しゃかがたけ くもえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

釈迦ケ岳雲右衛門 しゃかがたけ-くもえもん

1749-1775 江戸時代中期の力士。
寛延2年生まれ。出雲(いずも)松江藩主の抱え力士で,大鳥井雲右衛門の名で京坂で大関をつとめる。明和7年(1770)江戸にでて,釈迦ケ岳とあらため大関をつとめる。身長約227cm,体重約180kgの巨体で知られた。安永4年2月14日死去。27歳。出雲(島根県)出身。姓は天野。名は久富。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android