コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里村昌休 さとむら しょうきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里村昌休 さとむら-しょうきゅう

1510-1552 戦国時代の連歌師。
永正(えいしょう)7年生まれ。谷宗牧(そうぼく)にまなび,宗牧の死後,連歌界を指導した。弟子に里村紹巴(じょうは)がいる。天文(てんぶん)21年11月5日死去。43歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は尭景。通称は弥次(二)郎。別号に指雪斎。著作に「休聞(きゅうもん)抄」「昌休発句集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

里村昌休

没年:天文21.11.5(1552.11.20)
生年:永正7(1510)
室町時代の連歌師。俗名は里村弥次郎尭景。指雪斎と号した。子に昌叱がいる。天文3(1534)年の飛鳥井家の和歌,蹴鞠の会に俗名で出席しており,在俗時から公家社会と接触を持っていた。周桂,谷宗牧に連歌を学び天文年間(1532~55)に活躍。両者亡きあとには寿慶と共に連歌界を背負って立った。里村紹巴を弟子として指導してもいる。作品は発句集に『昌休発句集』がある。また『源氏物語』の注釈書『休聞抄』も著しているが,それには宗牧の説の引用が多く,宗牧に多くを学んだことがうかがわれる。<参考文献>木藤才蔵『連歌史論考』下

(伊藤伸江)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

里村昌休の関連キーワード里村昌叱木藤才蔵戦国時代里村家谷宗養辻玄哉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android