コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷宗牧 たに そうぼく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷宗牧 たに-そうぼく

?-1545 戦国時代の連歌師。
越前(えちぜん)(福井県)の人。宗長(そうちょう),宗碩(そうせき)に師事。天文(てんぶん)5年連歌宗匠となる。公卿(くぎょう)の三条西実隆(さねたか),近衛稙家(たねいえ)や大内氏,今川氏らの戦国大名と交流した。「東国紀行」の旅の途中,天文14年9月22日死去。別号に孤竹斎。著作に「当風連歌秘事式目故実」「連歌極秘之書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

谷宗牧

没年:天文14.9.22(1545.10.27)
生年:生年不詳
戦国時代の連歌師。越前国一乗谷(福井市)出身といわれる。号は孤竹斎。子に宗養がいる。宗碩に連歌を学び,宗長にも師事し,飯尾宗祇,猪苗代兼載句風を理想として修業をした。伊勢,近江,関東,中国,九州など地方にたびたび下向。宗長,宗碩亡きあと,連歌界の第一人者となり,天文5(1536)年9月には連歌宗匠になっている。繊細で巧みな句風で,発句に「水遠きかりがね送る柳かな」,「月みばとのみ契り置く秋」の前句に付けた「色々の花はあれども萩の露」などがある。三条西家,近衛家とつながりを持ち,死に臨んでは近衛稙家に,一子宗養の庇護を願っている。連歌論に宗養のために記した『当風連歌秘事』や『四道九品』『闇夜一灯』などがある。

(伊藤伸江)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の谷宗牧の言及

【宗牧】より

…戦国時代の連歌師。姓は谷,別号は孤竹斎(こちくさい)。出生は越前ともいうが不詳。宗長(そうちよう),宗碩(そうせき)に師事,1536年(天文5)ごろ北野連歌会所宗匠となる。近衛家に出入りし,朝倉氏や今川氏ら戦国大名と交わった。晩年,息宗養(そうよう)を伴い関東に下向し《東国紀行》を著したが,途中下野国佐野で客死した。享年80歳とする説があるが疑わしい。《矢島小林庵百韻》や句集《孤竹》,連歌論書《胸中抄》のほか宗祇(そうぎ)や宗長らの連歌作品の注釈書を残した。…

※「谷宗牧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

谷宗牧の関連キーワード観音寺城跡鵜殿長持里村昌休谷宗養宗牧周桂

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android