コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里村昌純 さとむら しょうじゅん

美術人名辞典の解説

里村昌純

江戸前・中期連歌師。昌陸の弟。初名は昌勃、号は蝦斎。著書に『老の周諄』等。享保7年(1722)歿、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里村昌純 さとむら-しょうじゅん

1649-1723* 江戸時代前期-中期の連歌師。
慶安2年生まれ。里村昌程の子。里村昌陸の弟。延宝3年幕府の連歌始に第三をつとめ,享保(きょうほう)4年まで出仕し,連歌の再興をはかった。法橋(ほっきょう)。享保7年12月8日死去。74歳。別号に昌勃,安々庵。著作に「老の周諄(くりごと)」「里村家連集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

里村昌純の関連キーワード江戸前

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android