コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里見義豊 さとみ よしとよ

1件 の用語解説(里見義豊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里見義豊 さとみ-よしとよ

1514-1534 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)11年生まれ。里見義通(よしみち)の長男。義豊が20歳になっても,叔父の実尭(さねたか)が家督をゆずる約束をまもらなかったため,天文(てんぶん)2年安房(あわ)(千葉県)稲村城を攻撃して実尭をたおした。3年実尭の子義尭(よしたか)に攻められ,4月6日敗れて自殺した。21歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の里見義豊の言及

【安房国】より

…旧国名。現在の千葉県南部。
【古代】
 東海道に属する中国(《延喜式》)。718年(養老2),北の上総国の平群(へぐり),安房,朝夷(あさひな),長狭(ながさ)4郡を分割して,安房国を建てた。その後,741年(天平13)にもとの上総国に併合されたが,757年(天平宝字1)ふたたび分立して安房国となった。かつて《国造本紀》に成務朝に定まったと伝える阿波国造と,《古事記》神武天皇段にみえる長狭国造の地域であった。…

※「里見義豊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

里見義豊の関連キーワード激・戦国無双戦国無双KATANA戦国無双Chronicle夏草の賦磯村左近宇久盛定多久宗時武田光和初鹿野源五郎結城顕頼

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone