コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重クロム酸カリウム ジュウクロムサンカリウム

大辞林 第三版の解説

じゅうクロムさんカリウム【重クロム酸カリウム】

クロム酸さんカリウム

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重クロム酸カリウム
じゅうクロムさんカリウム

二クロム酸カリウム」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重クロム酸カリウム
じゅうくろむさんかりうむ
potassium bichromate

クロム酸のカリウム塩。正式名称は二クロム酸カリウムpotassium dichromateという。
 クロム鉱を焼き、粉砕してから酸化カルシウムと炭酸カリウムを加えて強熱し、さらに空気酸化したのち、硫酸を加えて結晶化させる。橙赤(とうせき)色板状結晶で、水溶液からの再結晶で容易に精製できる。エタノール(エチルアルコール)には溶けない。水溶液を塩基性にすると橙赤色の二クロム酸イオンは黄色のクロム酸イオンになる。
Cr2O72-+2OH-2CrO42-+H2O
強力な酸化剤であり、酸化還元滴定用の分析試薬に用いられるほか、他の二クロム酸塩・クロム酸塩の合成原料、爆発物の製造、媒染剤、有機合成、クロムめっき、写真印刷その他の広い用途がある。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の重クロム酸カリウムの言及

【二クロム酸】より


[二クロム酸カリウム]
 化学式K2Cr2O7。俗称重クロム酸カリウム。クロム酸カリウムに硫酸を加えるか,二クロム酸ナトリウムと塩化カリウムとの複分解によってもつくられる。…

※「重クロム酸カリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重クロム酸カリウムの関連キーワード重クロム酸カリウム(データノート)重クロム酸ナトリウムビクトリアグリーンジンククロメートクロム親和性細胞リーゼガング現象化学的酸素要求量酸性媒染染料カーボン写真感光性樹脂ビリジアン黄疸指数ケトンCOD酸化剤

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android