コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力電池 じゅうりょくでんちgravity cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重力電池
じゅうりょくでんち
gravity cell

電池内の金属イオンの動きに重力が関与して起電力を生じるもの。硫酸亜鉛溶液の上下に亜鉛極板を,またはヨウ化カドミウム溶液の上下にカドミウム極板を置く。重力の代りに遠心力を利用する試みが行われたこともある。古くは陽極になる銅板の上に硫酸銅溶液を入れ,最も上に陰極になる亜鉛板を置いたものがつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうりょくでんち【重力電池 gravity cell】

重力の差で起電力を生じる電池。W.ラムゼーは,10%の硫酸亜鉛ZnSO4溶液の上下端に亜鉛極を置き,両極に電線を連結したところ,上部の電極から下部の電極にきわめて弱い電流が流れることを見いだした。この起電力は上下極の高さの差に比例して増減し,重力の方向と逆方向でZn2+の動きやすさに差があるためと考えられる。重力電池の起電力はきわめて小さく,高さ1mで10-5V程度である。【笛木 和雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android