コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力電池 じゅうりょくでんちgravity cell

2件 の用語解説(重力電池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重力電池
じゅうりょくでんち
gravity cell

電池内の金属イオンの動きに重力が関与して起電力を生じるもの。硫酸亜鉛溶液の上下に亜鉛極板を,またはヨウ化カドミウム溶液の上下にカドミウム極板を置く。重力の代りに遠心力を利用する試みが行われたこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうりょくでんち【重力電池 gravity cell】

重力の差で起電力を生じる電池。W.ラムゼーは,10%の硫酸亜鉛ZnSO4溶液の上下端に亜鉛極を置き,両極に電線を連結したところ,上部の電極から下部の電極にきわめて弱い電流が流れることを見いだした。この起電力は上下極の高さの差に比例して増減し,重力の方向と逆方向でZn2+の動きやすさに差があるためと考えられる。重力電池の起電力はきわめて小さく,高さ1mで10-5V程度である。【笛木 和雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone