コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力電池 じゅうりょくでんち gravity cell

2件 の用語解説(重力電池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重力電池
じゅうりょくでんち
gravity cell

電池内の金属イオンの動きに重力が関与して起電力を生じるもの。硫酸亜鉛溶液の上下に亜鉛極板を,またはヨウ化カドミウム溶液の上下にカドミウム極板を置く。重力の代りに遠心力を利用する試みが行われたこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうりょくでんち【重力電池 gravity cell】

重力の差で起電力を生じる電池。W.ラムゼーは,10%の硫酸亜鉛ZnSO4溶液の上下端に亜鉛極を置き,両極に電線を連結したところ,上部の電極から下部の電極にきわめて弱い電流が流れることを見いだした。この起電力は上下極の高さの差に比例して増減し,重力の方向と逆方向でZn2+の動きやすさに差があるためと考えられる。重力電池の起電力はきわめて小さく,高さ1mで10-5V程度である。【笛木 和雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

重力電池の関連キーワード逆起電力光電池ダニエル電池濃淡電池光起電力効果グラム重PECラムゼスネルンストの起電力の式ノイマンの法則(感応起電力)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone