重慶交渉(読み)じゅうけいこうしょう

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうけいこうしょう【重慶交渉】

日本降伏の直後中国共産党国民政府が行ったトップ交渉。毛沢東蔣介石をそれぞれの代表として,1945年8月29日から10月10日まで臨時首都の重慶で行われ,内戦回避国共合作による新中国の建設等を互いに認めあった双十協定が結ばれた。蔣介石が中共攻撃の準備を進めつつ,内戦回避の会談を呼びかけたところ,予想に反して毛沢東が受諾延安から飛来したため,内戦の責任を中共に転嫁しようとしたおもわくははずれ,逆に中共に政治的主導権を与える結果となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android