コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重明親王 しげあきらしんのう

2件 の用語解説(重明親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重明親王 しげあきらしんのう

906-954 平安時代中期,醍醐(だいご)天皇の第4皇子。
延喜(えんぎ)6年生まれ。母は源昇の娘。中務卿(なかつかさきょう)をへて,天暦(てんりゃく)4年式部卿となる。才学ともにすぐれ,弟にあたる朱雀(すざく)天皇,村上天皇の治世を補佐した。式部卿の唐名吏部(りほう)尚書にちなんだ日記「吏部(李部)王記」がある。天暦8年9月14日死去。49歳。初名は将保。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

重明親王

没年:天暦8.9.14(954.10.13)
生年:延喜6(906)
平安中期の皇族。醍醐天皇大納言源昇の娘の子。初め将保,6歳のときに改名。異母兄の克明,保明が没したため皇位継承者として浮上したが実現はしなかった。しかし時の権力者藤原忠平の娘寛子(当初は皇太子保明親王妃),寛子没後は同じく師輔の娘登子と婚姻を結んでおり,親王の立場が示されている。天慶6(943)年式部卿。たぐいまれな容儀才学の持ち主であったことから,『源氏物語』のモデルという話も生まれた(『参語集』)。吏部(「りほう」とも。式部卿の唐名)王とも呼ばれ,日記『吏部王記』は10世紀初めの貴族社会を知るうえでの貴重な史料。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の重明親王の言及

【吏部王記】より

…醍醐天皇の皇子重明親王(906‐954)の日記。《李部王記》とも書く。…

※「重明親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

重明親王の関連キーワード中院親光皇族会議四納言為子内親王大納言局(4)二条師基源和子源重光源昇源能俊

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone