コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重明親王 しげあきらしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重明親王 しげあきらしんのう

906-954 平安時代中期,醍醐(だいご)天皇の第4皇子。
延喜(えんぎ)6年生まれ。母は源昇の娘。中務卿(なかつかさきょう)をへて,天暦(てんりゃく)4年式部卿となる。才学ともにすぐれ,弟にあたる朱雀(すざく)天皇,村上天皇の治世を補佐した。式部卿の唐名吏部(りほう)尚書にちなんだ日記「吏部(李部)王記」がある。天暦8年9月14日死去。49歳。初名は将保。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

重明親王

没年:天暦8.9.14(954.10.13)
生年延喜6(906)
平安中期の皇族。醍醐天皇と大納言源昇の娘の子。初め将保,6歳のときに改名。異母兄の克明,保明が没したため皇位継承者として浮上したが実現はしなかった。しかし時の権力者藤原忠平の娘寛子(当初は皇太子保明親王妃),寛子没後は同じく師輔の娘登子と婚姻を結んでおり,親王の立場が示されている。天慶6(943)年式部卿。たぐいまれな容儀才学の持ち主であったことから,『源氏物語』のモデルという話も生まれた(『参語集』)。吏部(「りほう」とも。式部卿の唐名)王とも呼ばれ,日記『吏部王記』は10世紀初めの貴族社会を知るうえでの貴重な史料。

(瀧浪貞子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の重明親王の言及

【吏部王記】より

…醍醐天皇の皇子重明親王(906‐954)の日記。《李部王記》とも書く。…

※「重明親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重明親王の関連キーワード左近の桜・右近の橘斎宮女御藤原登子絵解き没年

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android