コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吏部王記 りほうおうき

百科事典マイペディアの解説

吏部王記【りほうおうき】

醍醐(だいご)天皇の皇子重明(しげあきら)親王の日記。《李部王記》ともいう。書名は親王の官職式部卿(しきぶきょう)の唐名〈吏部尚書(しょうしょ)〉にちなむ。現存の写本は,逸文(いつぶん)を収集したもの,《醍醐寺雑事記(ぞうじき)》とみなすべきもの,あるいは偽書のいずれかに属する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りほうおうき【吏部王記】

醍醐天皇の皇子重明親王(906‐954)の日記。《李部王記》とも書く。書名は親王の極官式部卿の唐名〈吏部尚書〉に由来する。現在伝わっている《吏部王記》と題する写本は,(1)逸文を収集したもの,(2)《醍醐寺雑事記》とみなすべきもの,(3)偽書,のいずれかに属し,本来の《吏部王記》の写本は知られていない。《西宮記》《北山抄》《政事要略》などの諸書に引用された逸文は920年(延喜20)より953年(天暦7)に及び,元来はかなり詳しく朝儀を記した浩瀚(こうかん)な日記であったと推定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

吏部王記の関連キーワード醍醐天皇絵解き陣座

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android