重曹水(読み)じゅうそうすい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重曹水
じゅうそうすい

炭酸水素ナトリウムの水溶液。内用では苦味チンキと配合した苦味重曹水があり、日本薬局方に収載されている。処方は炭酸水素ナトリウム3グラム、苦味チンキ2ミリリットル、精製水を加えて100ミリリットルとする。胃酸過多、胃カタル、食欲不振などに用いる。外用では、うがいに1~2%水溶液が、吸入剤として粘液、喀痰(かくたん)の溶解を目的に0.5~2%水溶液が用いられる。また、鼻腔(びくう)、腟(ちつ)洗浄、浣腸(かんちょう)には1~4%水溶液が用いられ、点耳液として耳垢栓塞(じこうせんそく)の軟化に用いられる。炭酸水素ナトリウム1グラム、グリセリン5グラム、滅菌精製水15ミリリットルを配合したていねい水(耳垢水)がある。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重曹水の関連情報