コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重複立候補 ちょうふくりっこうほ

3件 の用語解説(重複立候補の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重複立候補
ちょうふくりっこうほ

小選挙区比例代表並立制の選挙において,小選挙区の立候補者を政党の比例代表名簿にも登載することができる制度。 1996年 10月 20日に行われた総選挙での重複立候補者数は,全国で 567人に上った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

重複立候補

衆議院の選挙制度(小選挙区比例代表並立制)では小選挙区での立候補者を、比例代表区における政党の名簿にも同時に登載することができる。その場合、小選挙区での立候補者の全部(もしくはその一部)を同じ順序にすることができる。その同一順序の候補者の中での当選者は惜敗率で決まる。惜敗率とは小選挙区における落選者の得票数を当選者の得票数で割った数値。当選者との差が小さければ、惜敗率は高くなる。復活当選とは、重複立候補者が小選挙区選挙で落選し、比例区選挙で当選することを指す。ただし、小選挙区選挙で供託金が没収された者は復活当選できない。

(蒲島郁夫 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうふくりっこうほ【重複立候補】

小選挙区比例代表並立制において、同一候補者が小選挙区と比例区の双方に立候補すること。候補者が小選挙区で落選した場合でも、比例区で一定の条件を満たせば当選となる。重複立候補制度。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重複立候補の関連キーワード中選挙区制小選挙区比例代表並立制小選挙区比例代表併用制惜敗率小選挙区比例代表制小選挙区比例区台湾の立法院と選挙ドイツの選挙制度小選挙区比例代表連用制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重複立候補の関連情報