重複立候補(読み)ちょうふくりっこうほ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「重複立候補」の解説

重複立候補
ちょうふくりっこうほ

小選挙区比例代表並立制の選挙において,小選挙区立候補者を政党の比例代表名簿にも登載することができる制度。 1996年 10月 20日に行われた総選挙での重複立候補者数は,全国で 567人に上った。これにより,小選挙区で3位以下で落選した候補者が比例区当選するという例が多数生じた。これは比例代表名簿で同一順位に複数の立候補があった場合,小選挙区での惜敗率 (当選した候補者の得票数に対する落選した候補者の得票数の割合) によって当選が決るためである。このため,小選挙区で接戦して2位だった候補が落選し,それより得票の少なかった候補が当選するという現象も生じ,制度の見直しを求める声が高まった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵「重複立候補」の解説

重複立候補

衆議院選挙制度(小選挙区比例代表並立制)では小選挙区での立候補者を、比例代表区における政党の名簿にも同時に登載することができる。その場合、小選挙区での立候補者の全部(もしくはその一部)を同じ順序にすることができる。その同一順序の候補者の中での当選者は惜敗率で決まる。惜敗率とは小選挙区における落選者の得票数を当選者の得票数で割った数値。当選者との差が小さければ、惜敗率は高くなる。復活当選とは、重複立候補者が小選挙区選挙で落選し、比例区選挙で当選することを指す。ただし、小選挙区選挙で供託金が没収された者は復活当選できない。

(蒲島郁夫 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報