コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重鉱物分析 じゅうこうぶつぶんせき heavy mineral analysis

1件 の用語解説(重鉱物分析の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうこうぶつぶんせき【重鉱物分析 heavy mineral analysis】

堆積岩に含まれる重鉱物を分離し,その解析によって地層の諸性質を検討する方法。堆積物および堆積岩の構成鉱物の中で比重2.8以上のものを重鉱物と呼び,それ以下のものを軽鉱物と呼ぶ。堆積物などの多くの部分を占めるのは石英,長石類などの軽鉱物であり,重鉱物の含有量は一般に少量である。このため分離濃縮をしなければならない。その方法は,軟らかい堆積物であれば水洗後,また固結した場合と堆積岩であれば粉砕して適当な粒度にそろえたのち,重液を用いて重鉱物の濃縮・分離を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

重鉱物分析の関連キーワード数値解析堆積岩粘土質重鉱物乳清ミネラル多輪廻鉱物鉄岩変堆積岩ツーレの法則トゥーレの法則

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone