コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晶相 ショウソウ

岩石学辞典の解説

晶相

同一鉱物の結晶形の変化で,結晶面の組合せが異なることにより外形が変化する場合.晶癖(habit)の中で,特に結晶面の組合わせの変化に注目する場合を指す[片山ほか : 1970].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうそう【晶相】

同一物質の結晶形を比較したとき、結晶の構成面の数と理想形が異なっている現象。 → 晶癖しようへき

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

晶相の関連キーワード生体膜マイクロドメインアモルファスデバイスガラスセラミックス不連続反応系列生体用ガラス酸化チタン放射能鉱物分解熔融電鋳煉瓦結晶作用包析反応方解石相変態固溶体析出初晶石膏融点同形転移

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android