コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野々山緱山 ののやま こうざん

1件 の用語解説(野々山緱山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野々山緱山 ののやま-こうざん

1780-1848* 江戸時代後期の画家。
安永9年生まれ。狩野(かのう)美信にまなんで法眼(ほうげん)の位をうけ,江戸浅草(せんそう)寺の襖(ふすま)に四天王像をえがいた。また茶道を宇佐美黙斎にまなんだ。弘化(こうか)4年12月18日死去。68歳。名は正禎。字(あざな)は子祥。通称は弥兵衛。別号に楽々居士。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野々山緱山の関連キーワード三月革命ウィーン蜂起ティチング前古典派音楽シク戦争カモラガリバルディカルロ・アルベルト共産党宣言第四階級

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone