コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野々山緱山 ののやま こうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野々山緱山 ののやま-こうざん

1780-1848* 江戸時代後期の画家。
安永9年生まれ。狩野(かのう)美信にまなんで法眼(ほうげん)の位をうけ,江戸浅草(せんそう)寺の襖(ふすま)に四天王像をえがいた。また茶道を宇佐美黙斎にまなんだ。弘化(こうか)4年12月18日死去。68歳。名は正禎。字(あざな)は子祥。通称は弥兵衛別号に楽々居士

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野々山緱山の関連キーワード一八四八年の革命武装中立同盟ペスタロッチ三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android