宇佐美黙斎(読み)うさみ もくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇佐美黙斎 うさみ-もくさい

1722-1814 江戸時代中期-後期の茶人。
享保(きょうほう)7年生まれ。江戸の人。石州流の野田酔翁門下。上野(こうずけ)(群馬県)安中(あんなか)藩主板倉勝意(かつおき)の茶頭(さどう)をつとめた。文化11年1月12日死去。93歳。名は昌英,昌益。通称は三蔵。別号に止々斎。著作に「茶道十三式」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android