コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野上彰 のがみ あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野上彰 のがみ-あきら

1908-1967 昭和時代の詩人,編集者。
明治41年11月28日生まれ。囲碁雑誌の編集長をつとめるかたわら創作をはじめる。戦後,火の会,日本語訳詩委員会,波の会を結成した。オペラの訳詩,歌曲の作詞,放送劇など,詩と音楽の調和をめざしたおおくの作品がある。昭和42年11月4日死去。58歳。徳島県出身。京都帝大中退。本名は藤本登。童謡集に「子どもの唄」,詩集に「前奏曲」,戯曲集に「蛾(が)」など。
【格言など】人間はだれでも,なにか,すこしでも支えるものがあれば生きて行けるものだ(「火山の見える別荘」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野上彰の関連キーワードサトウ ハチローいたずらうさぎこもりうた放送劇

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野上彰の関連情報