コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口孫市 のぐち まごいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口孫市 のぐち-まごいち

1869-1915 明治-大正時代の建築家。
明治2年4月23日生まれ。帝国大学で辰野金吾師事逓信(ていしん)技師をへて,明治33年住友本店の臨時建築部技師長となる。大阪府立中之島図書館(重文),住友須磨別邸などを設計した。大正4年10月26日死去。47歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野口孫市

没年:大正4.10.26(1915)
生年:明治2.4.23(1869.6.3)
明治後半期,住友家で活躍した建築家。姫路生まれ。明治27(1894)年帝国大学卒業後逓信省に入るが,同32年に住友へ招聘される。欧米渡航ののち,住友臨時建築局技師長となり,各地に開設された住友銀行の支店を中心に設計に従事。代表作には,住友家が建設し大阪府に寄贈した大阪府立図書館(1904)がある。住宅作家としても優れ,住友関係者の邸宅に作品を残している。アールヌーボーなどの新造形も含め,様々な様式建築を巧みにまとめあげる力量は高く評価されたが,肺結核により早世した。その後の住友営繕は,日高胖,長谷部鋭吉,竹腰建造らに受け継がれた。<参考文献>『野口博士建築図集』

(中川理)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

野口孫市の関連キーワード長谷部 鋭吉大正時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android