コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口寧斎 のぐち ねいさい

美術人名辞典の解説

野口寧斎

書家。漢学者野口松陽の子。名は弌、通称は一太郎病苦と闘いながら雑誌『百花欄』を発行した。明治38年(1905)、39才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口寧斎 のぐち-ねいさい

1867-1905 明治時代の漢詩人。
慶応3年生まれ。父野口松陽,森春濤(しゅんとう)・槐南(かいなん)父子にまなび,槐南主宰の星社に参加。また詩誌「百花欄」を創刊・編集,漢詩の普及をはかった。明治38年5月12日死去。39歳。肥前諫早(いさはや)(長崎県)出身。名は弌。字(あざな)は貫郷。通称は一太郎。別号に嘯楼,謫天情仙。著作に「門出小草」「大纛(だいとう)余光」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野口寧斎

没年:明治38.5.12(1905)
生年:慶応3.3.25(1867.4.29)
明治時代の漢詩人。名は弌,字は貫卿,通称は一太郎,号は寧斎,謫天情仙,嘯楼,疏庵など。肥前諫早(長崎県諫早市)の生まれ。河野鉄兜門下で漢詩文をよくした野口松陽の長男。明治4(1871)年父に伴われて上京。哲学館に入り,傍ら森春濤・槐南父子に詩を学んで,詩社星社の鬼才と称された。清詩の影響を受けた華麗な詩風で活躍し,36年には雑誌『百花欄』を創刊,全国各地の詩人の作を収録紹介した。このほか,和歌や俳句にも通じ,文芸時評にも手を染める才人であったが,中年以後は悪疾に苦しめられた。著書に『出門小草』『少年詩話』『三体詩評釈』『大纛余光』など。<参考文献>『明治漢詩文集』(明治文学全集62巻)

(揖斐高)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のぐちねいさい【野口寧斎】

1867‐1905(慶応3‐明治38)
漢詩人。長崎県諫早の生れ。名は弌(いち),字は貫卿,通称一太郎。寧斎は号。父松陽は内閣少書記で,漢詩文をよくし,森春濤(しゆんとう)らと親交があった。寧斎は父没後,哲学館に入り,かたわら漢詩を春濤・槐南父子に学んだ。早くから謫天情仙の筆名で《太陽》に文芸評論を試み,その雄健な筆力を知られたが,不幸にして悪疾に侵され身の自由を得ず,以後はもっぱら漢詩をもって世に立った。はじめ槐南らの星社に入っていたが,1903年《百花欄》を創刊してその編集に当たり,漢詩壇に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野口寧斎の関連キーワード宮崎 晴瀾3月25日野口男三郎めさまし草万年艸書家