余光(読み)ヨコウ

大辞林 第三版の解説

よこう【余光】

あとまで残る光。
先人の名声が、のちにまで影響を与えること。余徳。おかげ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よ‐こう ‥クヮウ【余光】

〘名〙
① 残っている光。
(イ) 灯火の、もう少しで燃え尽きそうな光。
※菅家文草(900頃)一・残燈、風韻「余光不力扶持挙、競下蘆簾風」
(ロ) 日没後にもなお残っている光。
※太平記(14C後)一四「忽払浮雲擁蔽、将耀白日之余(ヨ)」 〔阮籍‐詠懐十七首詩・其一四〕
② 余りある光。
※本朝無題詩(1162‐64頃)三・八月十五夜翫月〈藤原茂明〉「倩憶佗時携片影、豈如今夜賞余光
③ 先人の為した仕事・名声などがのちに与える影響やおかげ。余徳。
※鵞峰文集(1661か)四・記・出雲国杵築大社再興記「此亦神霊之余光乎」
※国会論(1888)〈中江兆民〉「其祖先塚中の枯骨の余光(ヨコウ)に頼り年中一事を作さざるも」 〔欧陽脩‐相州昼錦堂記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

余光の関連情報