コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野呂天然 のろ てんぜん

2件 の用語解説(野呂天然の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野呂天然 のろ-てんぜん

1764-1834 江戸時代後期の医師。
明和元年生まれ。地方役人から医に転じ,和漢洋の医書を研究。生獣や刑死者の死体をしばしば解剖し,「生象止観」をあらわした。天保(てんぽう)5年3月15日死去。71歳。江戸出身。名は真空。通称は雄。別号に無量。著作に「方鏡独見」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

野呂天然

没年:天保5.3.15(1834.4.23)
生年:明和1(1764)
江戸後期の漢蘭折衷医。江戸生まれ。名は真空,通称は雄,号は無量。官途を志し地方役人になったが,出世の道をはばまれて医に転じる。市井に隠れて蟄居し,和漢洋の医書に親しむ一方で,生獣・刑屍をしばしば解剖して知見を深めた。のち京都に上って著訳述,医療に専念。難解な術語を造語した解剖書『生象止観』や,すぐれた内科診断書『方鏡独見』を著して独自の学風に達したが,性格が狷介・剛直で当時の医界に容れられず,その学統は続かなかった。京都で没し,新京極西光寺に葬られた。<参考文献>阿知波五郎「野呂天然について」(『医譚復刊』23号)

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野呂天然の関連キーワード畑中西山岡田鶴川三好汝圭横山興孝松本龍澤小栗寛令鏑木雲洞黒川惟章斎藤抱山河津省庵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone