野島績(読み)のじま いさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野島績 のじま-いさお

1799-1874 江戸後期-明治時代の儒者。
寛政11年生まれ。備後(びんご)(広島県)亀山八幡神社の神職菅茶山(かん-ちゃざん)にまなび,郷里漢学,砲術をおしえる。備前岡山藩主にまねかれて侍講となり,大目付格までのぼった。明治7年10月26日死去。76歳。本姓は渋谷。著作に「砂金集」「奨学金集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android