コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野本道玄 のもと どうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野本道玄 のもと-どうげん

1655-1714 江戸時代前期-中期の茶人。
明暦元年生まれ。京都の一樹庵野本家にはいり,一樹庵4代をつぐ。元禄(げんろく)6年から陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)につかえ,養蚕の奨励と織座(のちの織物会所)の設立,楮(こうぞ)の植え付けと紙漉(かみすき)の指導などをおこなった。正徳(しょうとく)4年10月11日死去。60歳。本姓は木下。名は道元。別号に穏田子。姓は野元ともかく。著作に「蚕飼(こがい)養法記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野本道玄の関連キーワード奈良屋茂左衛門ハノーバー朝アンジョージ[1世]アン近松門左衛門貝原益軒落語ヌイツ明暦

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone