コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野本道玄 のもと どうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野本道玄 のもと-どうげん

1655-1714 江戸時代前期-中期の茶人。
明暦元年生まれ。京都の一樹庵野本家にはいり,一樹庵4代をつぐ。元禄(げんろく)6年から陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)につかえ,養蚕の奨励と織座(のちの織物会所)の設立,楮(こうぞ)の植え付けと紙漉(かみすき)の指導などをおこなった。正徳(しょうとく)4年10月11日死去。60歳。本姓は木下。名は道元別号に穏田子。姓は野元ともかく。著作に「蚕飼(こがい)養法記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野本道玄の関連キーワード茶人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android