コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野毛山節

デジタル大辞泉プラスの解説

野毛山節

神奈川県横浜市の民謡。外国人兵隊の訓練の様子などを歌ったもの。野毛山は同市にある丘陵で、外国人居留地があった。静岡の民謡『農兵節』の基になったとされる。『ノーエ節』とも。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のげやまぶし【野毛山節】

幕末のころに現在の横浜市を中心にはやった俗謡。《農兵(のうへい)節》とか《ノーエ節》ともいわれる。もともと横浜の野毛山で幕末ごろ軍事調練を行った外国軍人の訓練の様子を当時はやりだした《ノーエ節》でうたったもので,その後静岡県三島に野砲兵旅団が置かれ,三島の花柳界でも替歌でうたって定着した。伊豆韮山(にらやま)の代官江川太郎左衛門が農兵を訓練したときの行進曲から始まったので《農兵節》といったというのは,三島定着後のノーエと農兵を結びつけた俗説である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野毛山節の関連キーワード神奈川県横浜市のうえ節

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android