コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農兵節 ノウヘイブシ

3件 の用語解説(農兵節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のうへい‐ぶし【農兵節】

静岡県三島市の民謡。幕末に流行した「のうえ節」が元歌で、明治になって花柳界にはいり、歌詞を置きかえて歌われたもの。また、伊豆韮山(にらやま)の代官が青年を集めて洋式で農兵の調練をしたときの行進曲ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のうへいぶし【農兵節】

静岡県三島市の民謡で、花柳界の酒席の騒ぎ唄。源流は幕末のはやり唄「のうえ節」。1853年に農兵訓練を行なった江川太郎左衛門にちなんで「農兵節」の字をあてたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農兵節
のうへいぶし

静岡県三島(みしま)市地方の民謡。東海道五十三次の旧宿場町、三島の花柳界で騒ぎ唄(うた)として歌われてきたもの。1853年(嘉永6)伊豆韮山(にらやま)の代官江川太郎左衛門が、近郷農村の青年たちを三島に集めて、洋式軍隊の訓練をしたが、そのときの即席の行進曲だという。しかしこの唄のもとは『ノーエ節』である。これは、開国後まもないころ、横浜・野毛山あたりの人たちが、丘の下で訓練をしている外国兵を眺めているうちに「野毛の山からノーエ 野毛のサイサイ山から異人館みれば」という唄の文句をつくり、そのころはやっていた『ノーエ節』の唄の節にのせて歌い出したもの。これが三島に入り『ノーエ節』を『農兵節』に置き換えて歌われるようになった。唄の文句はしりとりの形になっているため覚えやすく、いまでは静岡県三島市の唄というより全国的に普及している。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農兵節の関連キーワードかっぽれ三島市殿中三島暦伊予三島市元禄小袖妙法華寺東レ・アローズ西岡昭夫村上豊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農兵節の関連情報