コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野郎帽子 ヤロウボウシ

デジタル大辞泉の解説

やろう‐ぼうし〔ヤラウ‐〕【野郎帽子】

江戸時代、野郎歌舞伎女形役者が、前髪をそったあとを隠すために置き手拭(てぬぐ)いをしたのが変化し、帽子のようになったもの。多く紫縮緬(ちりめん)などで作った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やろうぼうし【野郎帽子】

野郎歌舞伎の俳優が月代さかやきを隠すために用いたかぶりもの。紫縮緬ちりめんなどで作った。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の野郎帽子の言及

【被り物】より

… 一方,布で頭を包む古くからの習風は,江戸時代に入ると,女子の被り物としての各種の帽子を生み出した。その代表的なものとしては,揚帽子,角帽子,野郎帽子,綿帽子がある。揚帽子は表は白,裏は紅絹の袷仕立てで,俗に白鷺と呼ばれた。…

※「野郎帽子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野郎帽子の関連キーワード帽子掛け・帽子掛かぶりもの江戸時代鳥居庄七かつら野郎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android