野郎頭(読み)ヤロウアタマ

  • やろうあたま ヤラウ‥
  • やろうあたま〔ヤラウ〕

大辞林 第三版の解説

前髪を剃り、月代さかやきをした頭。江戸時代の一般の成年男子の髪形。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 若衆歌舞伎の俳優の間で行なわれた結髪。頭の中ほどの髪の毛を細く剃ったもの。また、前髪を取り去ったもの。〔随筆・嬉遊笑覧(1830)〕
② 両鬢(びん)・後頭部の髪を残して広く剃り、総髪を頂きで束ねて結ったもの。江戸時代の普通の男子は、みなこの風であった。ちょんまげ。
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)上「茶の湯はみづから千の利休をもあざむく気にて、やろうあたまにて和尚とあをがれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報