野郎頭(読み)ヤロウアタマ

大辞林 第三版の解説

やろうあたま【野郎頭】

前髪を剃り、月代さかやきをした頭。江戸時代の一般の成年男子の髪形。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やろう‐あたま ヤラウ‥【野郎頭】

〘名〙
① 若衆歌舞伎の俳優の間で行なわれた結髪。の中ほどの髪の毛を細く剃ったもの。また、前髪を取り去ったもの。〔随筆・嬉遊笑覧(1830)〕
両鬢(びん)・後頭部の髪を残して広く剃り、総髪を頂きで束ねて結ったもの。江戸時代の普通の男子は、みなこの風であった。ちょんまげ。
黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)上「茶の湯はみづから千の利休をもあざむく気にて、やろうあたまにて和尚とあをがれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android