コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金プール きんプールgold pool

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金プール
きんプール
gold pool

ロンドン自由金市場における金価格の投機的な変動と,それに伴う国際的な為替制度の混乱を防ぐため,欧米8ヵ国の中央銀行の間で取決められた制度。参加国の中央銀行が保有金の一部を醵出してプールし,必要に応じてロンドン金市場で金を売買し (実際の操作はイングランド銀行が代行) ,金価格の変動を防ごうとした。 1960年 10月のドル不安に伴う金価格の暴騰を契機として,アメリカが結成を呼びかけたが,実際に初めて市場へ出動したのは 62年 11月であった。しかし 65年頃からは慢性的なポンド不安やアメリカの国際収支の赤字から金の売却額が多くなり,67年にはフランスが事実上脱退した。さらに 68年3月には金の二重価格制が採用されたため,金プールは活動を停止した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の金プールの言及

【金】より

…アメリカは金のドル公定価格を引き上げるとの予想が広まり,世界の金選好は高まった。 すでに1950年代末から自由金市場で投機によって金価格が急騰したため,61年に欧米の中央銀行は保有金を拠出して〈金プール〉をつくり,ロンドン金市場へ売り介入を行った。しかし市場の金価格上昇を抑えることはできず,ついに68年介入を停止した。…

【国際通貨制度】より

…他方,ドル不安のもとで自由金市場の金需要は増大した。欧米7ヵ国は金プールをつくり,金の市場価格が公定価格(法定平価)から離脱しないよう,市場へ介入した。67年ポンドが切り下げられると,金需要が急増した。…

※「金プール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金プールの関連キーワード企業再生ファンド国際流動性問題高速道路の料金国際通貨問題高速道路

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android