コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金光庸夫 かなみつつねお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金光庸夫
かなみつつねお

[生]1877.3.13. 大分
[没]1955.3.5. 大分
実業家,政治家。大蔵省に入り,まもなく実業界に転進。大正生命保険を創立。新日本火災海上保険,日田金山社長,東京商工会議所副会頭などを歴任。 1920年第 14回総選挙に出馬以来,政界に入り,当選9回。立憲政友会総務を経て,37年衆議院副議長,39年阿部信行内閣の拓務大臣,40年近衛文麿内閣の厚相にそれぞれ就任した。また大日本産業報国会初代総裁をつとめ,戦後追放となったが,解除後の 53年,自由党代議士として政界に復帰した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金光庸夫 かねみつ-つねお

1877-1955 大正-昭和時代の実業家,政治家。
明治10年3月13日生まれ。大正生命保険を創立,社長に就任。のち東京商工会議所副会頭などをつとめた。大正9年衆議院議員(当選9回)。政友会,戦後は自由党に属し,阿部内閣の拓務相,第2次近衛内閣の厚相を歴任した。昭和30年3月5日死去。77歳。大分県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

金光庸夫の関連キーワード大日本政治会熊谷典文昭和時代実業界

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android