コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金光房 こんこうぼう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金光房 こんこうぼう

1155-1217 平安後期-鎌倉時代の僧。
久寿2年2月18日生まれ。浄土宗。はじめ天台宗徒として比叡(ひえい)山で修行し,郷里筑後(ちくご)(福岡県)竹野郡の観音寺別当となる。のち鎌倉で法然(ほうねん)の弟子遵西(じゅんさい)にであい,法然の弟子となる。その命により陸奥(むつ)に浄土宗をひろめ,往生寺などをひらいた。建保(けんぽ)5年3月25日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

金光房

没年:建保5.3.25(1217.5.2)
生年:久寿2(1155)
鎌倉初期の浄土宗の僧。法然の弟子。奥州浄土教を広めた開教者。金光禅師あるいは石垣の金光房と呼ばれる。幼時に筑後国(福岡県)石垣の観音寺で出家し,比叡山で学び,のちに観音寺の別当となる。所領の訴訟のために鎌倉に行き,法然の直弟子の安楽房遵西に会い,浄土宗に帰依する。訴訟を捨てて,京都に行き法然門下に入る。法然が自作の寿像を金光房に与えたとも伝えられる。奥州に遊化して,陸奥国(宮城県)栗原郡の往生寺,津軽郡行岳村の西光寺を建立し,大中山梵場寺を再興。一説には法然門下の念仏者に加えられた嘉禄法難で陸奥国に配流ともいわれる。

(林淳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

金光房 (こんこうぼう)

生年月日:1155年2月18日
平安時代後期;鎌倉時代前期の浄土宗の僧
1217年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

金光房の関連キーワード鎌倉時代生年月日

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android