金剛般若波羅蜜経(読み)こんごうはんにゃはらみつきょう(英語表記)Vajracchedikā prajñāpāramitā-sūtra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金剛般若波羅蜜経
こんごうはんにゃはらみつきょう
Vajracchedikā prajñāpāramitā-sūtra

仏教経典。1巻。後秦の鳩摩羅什訳。略して『金剛経』『金剛般若経』と呼ばれ,禅宗では5祖弘忍以来特に重要視している。多く漢訳されており,本訳のほかに,北魏の菩提流支訳の同題,陳の真諦訳の同題,隋の達磨笈多訳『金剛能断般若波羅蜜経』,の玄奘訳『能断金剛般若波羅蜜多経』,玄奘訳と同題の唐の義浄訳の5種が存在している。インドでも重要視されたらしく,注釈書として無着,世親のものも存し,チベット,中国にも広く流布した。内容は一切法は空であると説くものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android