コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後秦 こうしんHou-qin; Hou-ch`in

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後秦
こうしん
Hou-qin; Hou-ch`in

中国,五胡十六国の一つ (384~417) 。最初前秦苻堅に従っていた (きょう) 族の姚萇 (ようちょう) が自立し建国。のち国号を大秦と称した。都は長安。東は関中から淮河,漢水以北の地を占領し,西は弘始5 (403) 年後涼を滅ぼし,後燕と対立したが,東晋 (→) の将劉裕永和2 (417) 年滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうしん【後秦】

中国、五胡十六国の一。羌きよう族の族長、姚萇ようちようが前秦に代わり建てた王朝(384~417)。都は長安。東晋の劉裕の北伐で滅んだ。姚秦。ごしん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後秦
こうしん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の後秦の言及

【五胡十六国】より

…しかしさらに東晋を併呑して中国再統一を実現しようとした前秦皇帝苻堅の夢は,淝水の敗戦でついえ去った(淝水の戦)。 華北は再び混乱におちいり,東方では慕容部が国家再建をはかり(後),前秦の本拠関中では羌族姚氏が勃興した(後)。河西地方では氐族呂氏が後を興したが,やがて鮮卑の南と匈奴の北が分離し,北涼からはまた漢族の西が独立して,これらの国々は互いに抗争した。…

【秦】より

…中国,五胡十六国の一つ。後秦ともいう。386‐417年。…

※「後秦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後秦の関連キーワード金剛般若波羅蜜経武帝[南朝宋]釈摩訶衍論赫連勃勃四分律拾遺記法三章僧録司僧肇天王僧叡都城王朝族長北伐姚興僧官僧録僧正大夏

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android