コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子吉祇 かねこ よしただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子吉祇 かねこ-よしただ

1861-1924 明治-大正時代の神職。
万延2年1月生まれ。金子豊雄の子。同人社にはいって西洋の学問や漢学をまなぶ。西寒多(にしさむた)神社,豊国神社,気比(けひ)神宮,賀茂御祖(かもみおや)神社などの宮司を歴任した。大正13年5月死去。64歳。越後(えちご)(新潟県)出身。初名は長吾。著作に「上宮聖徳法王帝説新注」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金子吉祇の関連キーワード大正時代神職

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android