コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金宗瑞 きんそうずい Kim Chong‐sŏ

1件 の用語解説(金宗瑞の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんそうずい【金宗瑞 Kim Chong‐sŏ】

1390‐1453
朝鮮,李朝の文臣,学者。字は国卿。号は節斎。順天の人。女真人の侵入に対し,北辺に六鎮を設置して豆満江を国境と定め,また《高麗史》改撰の総指揮をとり,《高麗史節要》を編纂刊行する等,智勇を兼備し大虎と呼ばれた。端宗即位に際し,文宗の遺命で幼い王を補佐したが,王位をねらう首陽大君(世祖)に暗殺され,大逆謀反罪で梟首(きようしゆ)された。著書に《制勝方略》がある。諡号(しごう)は忠翼。【山内 弘一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金宗瑞の関連キーワード李霆沢野文臣高麗茶碗鄭麟趾李朝李朝実録康応文臣明徳洪万植

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone