コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金宗瑞 きんそうずいKim Chong‐sŏ

世界大百科事典 第2版の解説

きんそうずい【金宗瑞 Kim Chong‐sŏ】

1390‐1453
朝鮮,李朝の文臣,学者。字は国卿。号は節斎。順天の人。女真人の侵入に対し,北辺に六鎮を設置して豆満江を国境と定め,また《高麗史》改撰の総指揮をとり,《高麗史節要》を編纂刊行する等,智勇を兼備し大虎と呼ばれた。端宗即位に際し,文宗の遺命で幼い王を補佐したが,王位をねらう首陽大君(世祖)に暗殺され,大逆謀反罪で梟首(きようしゆ)された。著書に《制勝方略》がある。諡号(しごう)は忠翼。【山内 弘一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金宗瑞の関連キーワード明徳ギリシア文学元中ヨハネス7世瑚海仲珊ダンスタブルフアン[2世]ルナモンストルレコンスタンチノープル

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android