コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金宗瑞 きんそうずいKim Chong‐sŏ

1件 の用語解説(金宗瑞の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんそうずい【金宗瑞 Kim Chong‐sŏ】

1390‐1453
朝鮮,李朝の文臣,学者。字は国卿。号は節斎。順天の人。女真人の侵入に対し,北辺に六鎮を設置して豆満江を国境と定め,また《高麗史》改撰の総指揮をとり,《高麗史節要》を編纂刊行する等,智勇を兼備し大虎と呼ばれた。端宗即位に際し,文宗の遺命で幼い王を補佐したが,王位をねらう首陽大君(世祖)に暗殺され,大逆謀反罪で梟首(きようしゆ)された。著書に《制勝方略》がある。諡号(しごう)は忠翼。【山内 弘一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

金宗瑞の関連キーワード明徳パレオロゴス朝フアン[2世]ルナ元中中国の株式市場こども環境大賞東ローマ帝国ローマ帝国オケヘム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone