コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金峰山県立自然公園 きんぽうざんけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金峰山県立自然公園
きんぽうざんけんりつしぜんこうえん

熊本市西方の金峰山を中心とする自然公園。面積 73.19km2。 1955年指定。山と渓谷の豊かな自然美と果樹園,多くの史跡などを特色とする。金峰山からは熊本市街,有明海,雲仙岳,阿蘇山などが眺望できる。外輪山を刻む渓谷には大分県の耶馬渓と同じ景観がみられ,雲巌寺の霊巌洞,岩戸観音や五百羅漢 (岩壁一帯に彫り込まれた石仏群) ,夏目漱石の『草枕』ゆかりの峠の茶屋,小天河内の各温泉がある。霊巌洞 (高さ 3m,幅 3.5m,奥行 5.5m) は江戸時代の剣豪宮本武蔵が兵法の極意書『五輪書』を著わした地とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

金峰山県立自然公園の関連キーワード河内(熊本県)五百羅漢熊本市玉名市自然美外輪山耶馬渓雲仙岳西区天水北部

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android