金峰山県立自然公園(読み)きんぽうざんけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金峰山県立自然公園
きんぽうざんけんりつしぜんこうえん

熊本市西方の金峰山を中心とする自然公園。面積 73.19km2。 1955年指定。山と渓谷の豊かな自然美と果樹園,多くの史跡などを特色とする。金峰山からは熊本市街,有明海,雲仙岳,阿蘇山などが眺望できる。外輪山を刻む渓谷には大分県の耶馬渓と同じ景観がみられ,雲巌寺の霊巌洞,岩戸観音や五百羅漢 (岩壁一帯に彫り込まれた石仏群) ,夏目漱石の『草枕』ゆかりの峠の茶屋,小天河内の各温泉がある。霊巌洞 (高さ 3m,幅 3.5m,奥行 5.5m) は江戸時代の剣豪宮本武蔵が兵法の極意書『五輪書』を著わした地とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android