コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金座・銀座 きんざ・ぎんざ

1件 の用語解説(金座・銀座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金座・銀座
きんざ・ぎんざ

金座は江戸時代,大判以外の金貨鋳造その他一切を管理した役所。文禄4 (1595) 年,徳川家康が京都の後藤庄三郎 (→後藤光次 ) を招き,小判を鋳造させたのに始るという。一時は京都,佐渡,駿河にも設置。のち江戸1ヵ所に統一された。勘定奉行の支配に属し,座の長官は後藤家が世襲し,鋳造その他を独占的に請負って巨利を得た。銀座は銀貨鋳造その他一切を管理した役所。慶長3 (98) 年伏見におかれたのが最初。一時は京都,大坂,長崎などにもおかれたが,のち江戸1ヵ所に統一。長官は大黒常是家が世襲し,金座同様独占請負により利益を得た。安永1 (1772) 年以降,銭の鋳造も行なったが,明治2 (1869) 年金座とともに廃止。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金座・銀座の関連情報